いらない予算はかけたくない!WEBの業務発注で気をつけたい5つのポイント

著者:kyan

いらない予算はかけたくない!WEBの業務発注で気をつけたい5つのポイント

こんにちは、喜屋武です。今日は私も長らく経験してきた、WEB関連の業務を発注する側としての悩みや心がけておきたいことについて書いていきたいと思います。かけられる予算が限られている中で、できる限り効率よく事業を運営していきたいというのが、経営者の方、マネージャーの方として当然のことだと思います。今回はいくつかのポイントに分けて、「ムダなお金を使わないWEB運営」についてお話ししていきたいと思います。


どうして見積にいらない業務がついてくるの?

発注先からの見積を見たときに、「こんなの頼んでないのに…」という内容が記載されていたご経験はないでしょうか。分析を依頼したいと思っているだけなのに、分析以外にもコンサルティング費用として別途記載されていたり、逆にコンサルティングを依頼したいだけなのに別途分析費用が乗っかっていたり、ということがよくあります。これはなぜなのでしょう?


ポイントその1:大きな会社ほどそのような見積になることを理解する

一つの会社で営業やバックオフィス、デザイナーやエンジニア、ディレクターなど様々な部門やメンバーを持った企業ほど、そのような見積が出てきます。一つの案件に対して稼働するメンバーの数が多いため、そのように費用を積んでいかないと案件自体で利益を出せないケースが多いのです。小規模な案件に対して、大手のWEB制作会社やWEBマーケティング会社にお断りされた、というご経験をお持ちの読者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。大きな会社ほど、利益額×メンバー数という考え方で動いているところも多いため、このような収支構造にならざるを得ないのです。


ポイントその2:できるだけ小さく実力のあるところに依頼する

これを回避するために最も有効な方法は、できるだけ小さく、小回りがきく依頼先を探すことになります。小さいということは稼働するメンバー数が少ないということになるので、上記の利益に対する考え方が変わってきます。案件における全体額に対する利益額、という考え方で見積を出せるため、発注側にとってもコストメリットが大きい内容が期待できるというワケです。またそういうところであれば、大手と比較し一つの案件に対する品質が安定します(同じ人間が担当しているため)。そんな卑劣な業者は少ないと思いますが、「この案件は金額規模が小さいから、スキルの低い人に任せてしまおう〜」という仕事の回され方をされてしまうリスクが低減される、という点もメリットです。


ポイント3:理想的な発注先の探し方

大手だとネットなどで探しやすいけど、小さくて小回りのきくところってどうやって探せばいいのでしょうか。最も良いのは、個人経営やフリーランスの人間に、いくつか声をかけてみることです。そのような形態で仕事をしている経営者やフリーランサーは、仮に自分で案件が受けられない場合でも、将来的なお仕事につながることを信じて、彼らのネットワークから信頼できる別の人間を紹介してくれる確率が高いです。小さい会社同士やフリーランサー同士はそういったネットワークを介して、それぞれの状況に合わせて持ちつ持たれつでお仕事を流通させていることが多くあります。


ポイント4:相談することを面倒臭がらない

仮にそういった会社やフリーランサーが見つかったとして、コンタクトを取ることを面倒くさいと感じる方が多いのも事実でしょう。しかし、そこをしっかりと行うことで、実際に仕事が開始された後もしっかりと手綱を握って業務を進めることができるようになります。疑問点や気になる店をないがしろにせず、事前にしっかりと聞いておくことで、認識齟齬を防ぐことにもなりますので、品質担保の側面でも重要な事項ということができます。ネットでもTwitterやFacebookなどのSNSでも構わないので、連絡先を持っている小さな会社の経営者、フリーランサーにどんどんコンタクトを取っていただきたいと思います。


ポイント5:どうしても見つからない時はぜひご相談ください

当然ながらこのブログを書いている私も一フリーランサーであり、ぜひお仕事をご支援させていただきたいと考えている一人です。私自身で担えるお仕事があるのがベストですが、仮にそうでなくても、お悩みをお持ちの企業様のお力になりたいと思っており、必要があれば私のネットワークからご紹介をさせていただくこともできます。ぜひ、お困り・お悩みをお寄せいただければと思います。

お問い合わせはこちら

著者について

kyan administrator

コメントを残す